滋賀県民がガチで選ぶ住みやすい街ランキング!治安が良い・悪いのは?

f:id:mcoool:20171015172618p:plain
※2017/11/23:情報更新
滋賀県に引越しや移住をお考えではないでしょうか?

一言でいえば、滋賀県は比較的治安が良く、どの世代の方にとっても住みやすい街です。
実際に、関西の住みやすい街ランキングでは、トップ10に滋賀の市町村が5つランクインしています。

このページでは、滋賀生まれ・滋賀育ちの僕が、滋賀県の住みやすい街ランキングや治安の悪いエリアなどを詳しく紹介します。
是非参考にしてみてください。

1.治安の良い・悪いエリアランキング

次に、滋賀県で治安の良いエリア、悪いエリアをランキング形式で紹介します。

1-1.治安の良いエリアランキング

まずは治安の良いエリア、住みやすいエリアを紹介します。

1位 大津市


大津市の魅力

  • 京都、大阪へのアクセスが最も良いエリア
  • 駅前や湖岸沿いに新築マンションが増えている
  • 人口が最も多く、美味しいお店やレジャー施設が多い
  • 琵琶湖・山に近く、自然に囲まれていて綺麗

滋賀県の県庁所在地である大津市は、人口が最も多く、お店が充実しています。

大津市の最大の魅力は、京都・大阪へのアクセスが県内で最も良いことです。
大津駅から京都駅までは電車で9分、大阪駅までは40分で行けます。

新築マンションも続々と建てられており、今後のさらなる発展が予想されます。
滋賀に住むなら最もおすすめできるエリアです。

2位 草津市


草津市の魅力

  • 関西の住みたい街ランキングで5年連続第一位
  • おしゃれなカフェや居酒屋、ファミリー向けの飲食店が充実
  • 百貨店やショッピングモール、大型スーパーが多い
  • 京都へ約20分、大阪へは約1時間で移動可能

草津市は、大津市に次いで2番目に人口が多い街です。
草津市は、関西の住みたい街ランキングで5年連続1位に選ばれるほど住みやすい街です。

百貨店やショッピングモール、美味しい飲食店が多く、買い物や外食に困ることがありません。
また、立命館大学があるため学生向けのお店も多いです。
学生からファミリーまで幅広い世代の方におすすめです。

3位 彦根市


彦根市の魅力

  • 城下町なので街の雰囲気が良い
  • レジャー施設や大型ショッピングモールがある
  • 岐阜や名古屋へのアクセスが良い
  • ラーメン激戦区としても人気

滋賀県の北の方に位置する彦根市は、「ひこにゃん」で一躍有名になった街です。
城下町の雰囲気が街の至る所にあり、のんびりしていて住みやすい街です。

一方で、若者向けのレジャー施設やショッピングモールもあり、賑やかな一面もあります。
岐阜や名古屋へ通いやすく、休日に遊びに行くことも可能です。
冬は雪が積もるため少し不便ですが、住みやすい街であることに変わりはありません。

1-2.治安の悪いエリア3選

滋賀の中では治安が比較的悪いといわれているエリアを3つご紹介します。

①西大津・雄琴
f:id:mcoool:20171123225015p:plain
f:id:mcoool:20171123225025p:plain
西大津・雄琴

陸上競技場やスーパー、住宅街があり住みやすい一面もあります。
しかし、街の中に競艇場や歓楽街があるため、治安が悪いといわれています。
また、ヤンキー校といわれている中学が多いです。

②湖南市


日系外国人の方が多く住んでおり、外国人向けのお店が多いため、騒音に悩まされることがあります。
ただし、そのエリアを除けば閑静な住宅街が多く、老夫婦の方がのんびりと暮らしています。

③多賀町・豊郷町

f:id:mcoool:20171123225556p:plain彦根市の隣に位置する多賀町・豊郷町です。
神社やお寺が多く、観光地としても人気ですが、窃盗事件が多いエリアです。

2.データで見る滋賀の住みやすさの4つの特徴

滋賀県は一人暮らしをしたい学生からファミリー、老夫婦まで幅広い世代の方にとって住みやすい街です。
住みやすさの4つの理由をデータで紹介していきます。

①人口増加率が関西1位

f:id:mcoool:20171015172954p:plainhttp://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/index.htm

滋賀は、京都や大阪、兵庫といった人気エリアが多い関西の中で、最も人口が増加している街です。

関西の主要都市へのアクセスが非常に良いため、京都や大阪のベッドタウンとして滋賀を選ぶ方が多いです。
また、マンションや住宅街の開発が進んでおり、価格的にもお手頃な滋賀に住む方もいます。

滋賀県内では、湖南エリア(大津市、草津市、守山市、近江八幡市)が中心となって人口が増加しています。

②平均所得が関西で2番目に多い

f:id:mcoool:20171015173223p:plain
https://doda.jp/guide/heikin/area/

滋賀県には、日清や日立、パナソニックなど、大企業の製造メーカーが非常に多くあります。
そのため、滋賀県の平均所得は420万円で、関西では兵庫県(428万円)に次ぐ多さです。(全国では15番目)
また、求人数も多く、働ける環境が整っています。

③スーパーの数が日本で2番目に多い

f:id:mcoool:20171015173524p:plain「平和堂」というスーパーをご存知でしょうか?
滋賀県に最も多いスーパーで、ネットでよくネタにされています全国的にも有名です。

滋賀に住んでいると「スーパーがめっちゃ多いな」と思うことがよくありますが、何と人口当たりのスーパーの数が全国2位なんです。
自転車で通える範囲に主要スーパーが何個かあるので、日常の買い物に困ることが少ないです。

④子供・学生が学びやすい環境

f:id:mcoool:20171015173624p:plain

滋賀県は、京都、東京に次いで、子供・学生が全国で3番目に多いです。
つまり、それだけたくさんの学校があります。

ニュースで「保育園に入れなかった」とよく見かけますが、滋賀ではそのような心配がありません。
また、立命館大学や龍谷大学、滋賀大学といった有名大学もあり、学校の選択肢が広いのも特徴です。

滋賀県民が教える滋賀の特徴

f:id:mcoool:20171015174505j:plain滋賀県民の僕が感じた滋賀の良い点・悪い点をご紹介します。

  • 京都や大阪へのアクセスが便利
  • 適度に発展していて、自然も豊かで良い
  • 親切な人が多い
  • 車が無いと不便
  • 湖北・湖西エリアは雪が非常に多い

京都・大阪へのアクセスが良いためすぐに遊びに出れます。
また、お店やレジャー施設など適度に発展していますが、琵琶湖・山が多く、のんびりしていてとても住みやすいです。

ただし、県内を移動する場合は車が無いと非常に不便です。
また、県内で遊べる場所は少ないので、本格的に遊びたいなら京都や大阪へ出る必要があります。

とはいえ、滋賀県は住むのにぴったりの街だと思います。
湖北や湖西エリアは雪が多いので、湖南エリア(大津市南部・草津・守山・栗東・近江八幡)がおすすめです。

4.まとめ

滋賀県は比較的治安が良く、どの世代の方にとっても住みやすい街です。
滋賀での暮らしを是非楽しんでください。